『典座教訓』と精進料理の心




私見では、『典座教訓』の内容は大きく三つに分けると理解しやすいように思います。
第一部では、典座が行うべき職務を、理念的内容と具体的内容をおりまぜながら、一日の流れを追って解説しています。
第二部では、道元禅師の宋での修行中の体験、お釈迦様や歴代祖師などの故事を引用しながら、わが国の至らぬ点とめざすべき理想を説いています。
そして第三部では、何をする時でも常にわすれてはならない三つの心構え、すなわち「三心(さんしん)」を説いています。

その詳細は「典座ネットブログ」の連載「典座教訓を読む」をご参照いただければと思いますが、特に重要な点は以下のとおりです。

○食材に対する敬意を持つ
まず第一に重要な点です。食材の尊いいのちをいただいて調理するという自覚をわすれてはいけません。その気持ちを持てば、自然と調理も丁寧になり、野菜 の切れ端を平気で捨てたり、無駄を出すようなこともなくなります。上等な食材だからといって特別張り切ったり、粗末な食材しかないからといって手抜きした りせず、たとえ不十分な食材でも最善を尽くして食材を生かすのです。

○整理整頓を心がけ、道具を大切にする
一宗の祖がこんな細かい点にまで言及していることに感動を覚えます。これは実際に調理をしてみればすぐにわかることなのですが、使いたい物がきちんと整 頓されて定位置にないと良い調理はできません。単なる道徳論ではなく、実効を伴った教えです。使ったら使いっぱなし、では衛生的にも問題があります。食材 だけでなく、道具にまで愛情を込めて丁寧に扱うことが修行なのです。

○食べる人の立場に立って作る
相手の立場を思いやる気持ちは何ごとにも通じます。もう少し小さく切った方が食べやすいだろうなあ、今日は寒かったから体が暖まるように生姜風味のとろ み汁にしようか、など例を挙げればきりがないほどです。いくら調理が修行だからといって、自己満足の料理に終わったのでは意味がありません。食べる人のこ とを第一に考えて、丁寧に作った料理というのは、必ず相手にそのまごころが伝わるものなのです。

○忘れてならない「三つの心」(三心)
喜心(きしん)」 作る喜び、もてなす喜び、そして仏道修行の喜びを忘れないこころ。
老心(ろうしん)」 相手の立場を想って懇切丁寧に作る老婆親切のこころ。
大心(だいしん)」 とらわれやかたよりを捨て、深く大きな態度で作るこころ。


○手間と工夫を惜しまない

これらを実際に行うとなると、実は非常に多くの労力を要します。料理経験がある方ならわかると思いますが、料理というものは、下ごしらえから始まって最後の片付けまで、非常に面倒な行為です。手間をかけはじめたらきりがないくらいです。
また、いったん割り切ってしまえば、それほど手をかけなくても実際には食べることができてしまうし、その上どんなに手をかけても、食べるはじめればあっ と言う間になくなってしまいます。できることなら、なるべく手間を省いて楽をしたいと考えるのが普通なのかもしれません。
しかしそれでは仏道修行にならないのです。たとえ大変な苦労であっても、それを尊い修行として精一杯行じるからこそ意味があるのです。
そのため道元禅師は、『典座教訓』の冒頭で、「もし道心無くばいたずらに辛苦を労して畢竟益無し」(やる気がない者が調理係になってもただ辛いだけで何も得るものがないだろう)と釘をさしています。

 

○食べる側のこころ
こうしてまごころを込めて丁寧に作られた尊い食事ですから、食べる側にも相応の心構えが求められます。道元禅師は宋の修行道場の食事様式を日本に持ち帰り、『赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)』を示されました。今でも曹洞宗の寺ではその食事作法が綿密に実践されています。
その心を端的に示しているのが『赴粥飯法』に示されている「五観の偈」です。唐の南山大師道宣が著した『四分律行事鈔』をその典拠としています。

一つには功の多少を計(はか)り彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)る。
(この食事ができるまでに携わった多くの方々の苦労や食材の尊さに感謝しよう)
二つには己が徳行(とくぎょう)の全欠と忖(はか)つて供に応ず。
(自分がこの食事を食べるにふさわしい行いをしたかどうか、反省しよう)
三つには心を防ぎ過(とが)を離るることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす。
(むさぼり、いかり、ねたみの心を制し、正しい心と行いをもっていただこう)
四つには正に良薬を事とすることは形枯(ぎょうこ)を療ぜんが為なり。
(単に空腹を満たすためではなく、心身を養う薬としていただこう)
五つには成道(じょうどう)の為の故に今此の食(じき)を受く。
(仏の教えをなしとげるために、この食事をいただこう)

作るのも修行ならば、それを食べるのも尊い修行なのです。

← 精進料理の心1

精進料理の心3 →

 



戻る地蔵