広告



お盆のお供え膳・夏野菜の胡麻酢びたし

1 大根50gを皮ごと細切りにする。
2 みょうが30gを細切りにし、多めの水に5分ほど漬ける。
3 1と2をボールに入れ、塩少々を振りかけてよくもみ、10分ほどおく。
再度よくもんで10分おき、汁気が出るので絞る。
4 良く洗ったトマト100gを乱切りにする。
5 グレープフルーツ100gの皮をむき、一口大に切る。
6 蒸したとうもろこし粒30gをほぐす。(コーン缶でも可)
7 小鍋で酒大さじ2,みりん大さじ1,しょうゆ大さじ1、昆布だし(または水)大さじ2
をひと煮立ちさせ、胡麻油小さじ1/2を加えてよく混ぜ、三十秒ほどしたら火を止め、
米酢大さじ2~3を加えてよく混ぜる。
8 2~6を7の胡麻酢にひたして3分ほどおきなじませる。
9 良く洗った大葉をしいて8を盛り付け、粒胡麻少々をふりかける。

胡麻酢のかわりに市販の青しそドレッシングや中華ドレッシングでもよく合います。グレープフルーツの代わりに夏みかんなどの柑橘果物、またはキウイ、バナナなどを試して見るとおもしろいでしょう。特に夏は、献立の中に酸っぱい味の料理を一つ加えることで全体のバランスがぐっと良くなります。

広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 作り方のコツやポイントなどの詳細部分は典座ネットブログ平成25年夏の各記事をご参照ください 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 […]