寒い冬には至福の甘味_サツマイモの精進グラタン 

サツマイモの精進グラタン

◇「サツマイモの精進グラタン」の概要とポイント

一般的なグラタンは牛乳やバター、ベーコンなどを使用しますがこの精進料理グラタンでは植物性の素材しか用いません。宗教的な面ばかりでなく、カロリーを抑えたい方や動物性の脂肪分を控えたい方等、健康面でも大きなメリットがあります。

だからといって味や食べ応えが劣ることはなく、サツマイモ自体のコクと甘みに支えられた、ボリュームたっぷりで充分満足できるごちそうです。オーブンでじっくり加熱することでサツマイモの甘みが逃げることなく味わえます。また豆乳と小麦粉、マッシュした芋をミックスしてクリーム状にするわけですが、サツマイモだけをマッシュしたのでは少々ぱさつくことと、単調な味になってしまうためクリーム部分にはジャガイモを主体とし、具との対比がつくように工夫してみました。好みによってはクリーム部分をサツマイモだけ、あるいはジャガイモだけで仕上げても良いでしょう。また刺激感が欲しい方はクリーム部分に胡椒を加えたり、あるいはカルダモンなどのスパイスを足しても良いでしょう。

今期のサツマイモレシピシリーズはこれでラストです。一つの食材でもあれこれ工夫することで飽きずに多彩な料理に仕上げることができます。精進料理というと我慢して食べるのが修行だ、という誤解が広がり、いつも同じような料理ばかり嫌々食べるのかと思われがちですがそうではありません。せっかくの食材を、おいしく頂けるような工夫を惜しまないのが精進料理の修行なのです。ご家庭でも、同一の食材が大量に手に入ることもあるでしょう。そうしたときはぜひ飽きずに美味しくいただけるようにアレンジしてみてください。

 

◇「サツマイモの精進グラタン」のレシピと調理手順

1 馬鈴薯150g、サツマイモ100gの皮をむき、火が通りやすい大きさの乱切りにして同じ鍋でやわらかくゆでます。

サツマイモの精進グラタン手順

2 ゆで汁を良く切り、熱いうちにマッシャーでしっかりつぶします。

サツマイモの精進グラタン手順

3 マカロニ50gをゆでます。

サツマイモの精進グラタン手順

4 ボールで小麦粉100ml、豆乳180~200ml、みそ小さじ2、しょうゆ小さじ2を軽く混ぜます。あまりコテコテ練りあげるようにしてしまうと粘り気が強く出てしまうため、多少ダマが残っても良いので泡立て器などでサラッと混ぜる程度にします。味噌はあまり塩気が強くないものを選びましょう。

サツマイモの精進グラタン手順

サツマイモの精進グラタン手順

5 4を2のつぶしたいもと合わせ、しっかり混ぜ合わせます。

サツマイモの精進グラタン手順

サツマイモの精進グラタン手順

6 耐熱容器に、皮ごと乱切りにしたさつまいも150g、3のマカロニを散らし、その上に5を注ぎます。サツマイモが少し表面から出ていた方が仕上がった際にサツマイモが認識できるため見栄えは良くなりますが、その分加熱にムラが出るので慣れていない方やオーブンの出力が弱い場合は具を水面下に沈めた方が火が確実に通り、うまくいきやすいでしょう。

サツマイモの精進グラタン手順

サツマイモの精進グラタン手順

7 6を200度に余熱済みのオーブンに入れ、まず10分ほど加熱します。

8 その間、ボールにパン粉大さじ5、オリーブオイル大さじ3を混ぜておきます。

サツマイモの精進グラタン手順

サツマイモの精進グラタン手順

9 一度オーブンから出し、すばやく表面に8をまぶして再度オーブンに入れ、さらに10分~13分程度加熱します。表面にサクサクの膜を付けるためですが、はじめからのせてしまうと具に火が通る前に膜が焦げてしまうために時間差で加えます。

サツマイモの精進グラタン手順

10 計20分加熱したら火を止め、オーブンの中で5分~8分程度余熱を与えてから取りだし、みじん切りにしたパセリを散らします。

サツマイモの精進グラタン

サツマイモの精進グラタン

サツマイモの精進グラタン

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚