広告



吹割の滝秋期大祭で護摩木のお焚き上げ法要

10月18日、地域の名勝「吹割の滝」にある「浮島観音堂」の秋期大祭が行われました。名工、左甚五郎が日光への中途に宿泊した追貝で受けた心暖まる地元民の厚遇に対し、御礼の意をこめて一夜で彫ったといわれる御本尊、観音菩薩像が御開帳され、観音経を読誦し信仰会役員一同が参拝者の無事安全や諸願成就を祈って焼香致しました。

吹割の滝 浮島観音堂大祭 お焚き上げ法要

吹割の滝には、村人の願いを滝の乙姫様がかなえてくれたという伝説があります。

滝を観光した後は、是非大きな吊り橋のたもとにある観音堂をお参りし、願い事を護摩木に記して奉納して下さい。私が年に2回御祈祷法要を厳修して皆様の願いを観音様に奉献しております。

吹割の滝 浮島観音堂大祭 お焚き上げ法要

今回、参拝者が願い事を記して奉納した護摩木をお焚き上げし、清らかな祈りが煙となって天に昇っていきました。雨続きの中、この日だけは観音様と乙姫様のご加護による晴天に恵まれ、無事お焚き上げ法要を営むことができました。

吹割の滝 浮島観音堂大祭 お焚き上げ法要

吹割の滝 浮島観音堂大祭 お焚き上げ法要

吹割の滝の紅葉の見頃はもう少しのようですが寒い日が続いているため一気に進むかもしれません。滝周辺の売店や温泉旅館等、皆様の訪問を心よりお待ちしています。

広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする