広告



今年は早めの積雪

朝、寒くていつもより少し早く目が覚めるとやけに屋外が静かです。

11月の積雪

経験上、こうして奇妙に静かな場合は大粒の雪が降っている場合がほとんどです。あの独特の無音が、「ああ今朝も雪かな」と直感的に結びつくのは雪国住人ならではの感覚だと思います。
しかしまだ11月なのに雪とは少々早いなあと思い窓から外を眺めると確かに雪でした。5センチ程度ですかね。

11月の雪

日課となっている朝のトレーニングも雪が降ると効率がかなり落ちてしまいます。こうして写真を撮るのも指がかじかんで大変です。

11月の積雪

ところで昨日は県内南部で精進料理教室があり、早朝5時に寺を出発しました。「いやあ、よかったですよ。もし一日天気がずれてたら今日は予期せぬ雪で、道路が渋滞したら遅刻したかもしれません」と昨日の主催者にメールしたところ、「は?今朝雪が降ったのですか?ほんとに?」と信じられないご様子。確かに同じ群馬県で、南部の方はまさか11月に雪が積もるなどと考えられないでしょう。
いやあ本当に一日遅れで助かりました。
積雪で竹が曲がって道路に
朝6時になり少し明るくなると雪は雨に変わり、道路は溶けてグシャグシャに。道路沿いの竹は重みで垂れ下がり、車も通れない状況になってしまいました。まあもう少し気温が上がると溶けて軽くなり竹は復元します。

タイヤ交換も朝飯前

トレーニングから帰り、身体も暖まったので数日後に予定していた冬タイヤへの交換にとりかかります。雪と無縁の地域では信じられないかも知れませんが、このあたりではカーショップに依頼するより自分で交換した方が早いので多くの方が自分で道具を持っています。道具と言ってもたいしたものは必要ありません。500円のクロスレンチと、父から受け継いだ数十年前のジャッキだけです。
もう免許を取ってから20年以上続けているので慣れたもので、軽自動車なら15分でタイヤ4本交換完了、文字通り朝飯前に終えました。
通りがかったガソリンスタンドには10台ほどのタイヤ交換待ちの列。おそらく2時間は待つでしょう。

これから当地は雪への対策に苦労するシーズンを迎えます。うーん、まだ秋の落ち葉も片付け終わってないのに、ちょっと早すぎて困るなあ。皆様風邪など引かないようにご自愛下さい。

広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする