広告



ブログアドレスの変更を検討中

 今年もゆううつな時期が近づいてきました。それは何かというと、インターネット関係の契約更新時期です。


一般的に、ご家庭でインターネットを利用するには、まずNTT東日本などの回線業者と、たとえば「フレッツADSL」とか「フレッツ光」というような回線契約をし、さらにOCNなど数多くあるプロバイダの中からどこかを選んで、接続契約を行います。

つまり最低限「回線」と「接続」の2種類の契約が必要になるわけです。

 回線については運営会社がそれほど多くなく、特に当方のような人口が少ないイナカでは、光ファイバーなど通ってもいないので、選択の余地はほとんどありません。

ところが接続会社であるプロバイダは、それこそ星の数ほど選択肢があります。どの会社を選ぶかによって価格や内容が全然違うのです。

とくに最近は各社ともに競争が激しく、よーく選んで一番お得なプロバイダーと契約したとしても、半年もすればもっとお得なプランを用意するプロバイダーが出現したりします。

もちろん、単に値段だけでなく、ホームページの容量とか、メールアドレスの数とか、最近ではウイルスメールやスパムメールを除去してくれるサービスなど、プロバイダによって内容が全く違います。

例えば、便利なウイルスメール除去サービスが無料で使えるところもあれば、使う場合には追加料金がかかることもあります。また、単に安いか高いかの問題だけでなく、つながりにくいとか困った時のサポートなどの品質の問題も重要です。

パソコンを買った時にお店で薦められたり、パソコンに最初から入っていた接続案内ソフトを利用してプロバイダーに加入し、それ以来ずっと同じプロバイダーという方も多いと思いますが、私はインターネットをはじめてもう10年近くになりますが、今まで数回プロバイダーを変えました。時には想い出したくないほどひどいプロバイダと契約してしまったこともありました。

プロバイダーを変更すると、メールアドレスが変わってしまうのが難点ですが、パソコンならば登録してある人に、メールアドレスが変わりましたと連絡するのもそれほど手間がかかりませんから、一年に一度くらいはプロバイダ情報をチェックして、より便利な会社への切り替え検討をお薦めします。

ところで当「典座ネット」は「回線」と「接続」の他に、「ドメイン」という契約を別にしています。

「ドメイン」というのは、ホームページのアドレスを任意に設定するもので、たとえば典座ネットは「http://www.tenzo.net/」がアドレスです。自分のホームページを見てもらうとき、そのアドレスがやけに長かったり、わかりにくかったりすると、名刺に書いたり他人に教えたりするときに不便なので、tenzo.net というように、サイトの名前そのままずばりわかりやすいアドレスを登録するわけです。

同じドメインは世界中で一つしかなくて、tenzo.netは現在私高梨が権利を所有しているので、私がその権利を放棄しない限り、他人はつかうことができません。

ドメインは世界中で共通の機関が管理しており、申請した順に早い者勝ちで取得することができます。たとえば、山田さんという人が、yamada.comというドメインを取得しようとしても、もうそういう誰もが欲しがるようなドメインはすでに他の人にとられてしまっている場合が多いようです。私の場合は五年くらい前、まだドメインが流行りはじめたころに取得したのでなんとか確保することができましたが、今は大きな会社などが競って自社のドメインを登録していますので、短くてわかりやすいドメインを確保するのは難しくなっています。

だからといって、「山田太郎無農薬野菜販売ドットコム」というような長い名前のドメイン(http://www.yamadataroumunouyakuyasaihannbai.com/)であれば、まだ誰も登録していないようですが、こんなに長いアドレスではドメインの利点が少ないということになります。なるべく短くて覚えやすいドメインが人気なのです。一時期、このドメインの権利をとにかくたくさん取得し、あとからそれを欲しがる企業に大金で権利を売って利益を得るというあくどい行為が批判を浴びたこともあるくらいです。

意外と短くて覚えやすいドメインのわりにまだ空いているのが、お寺の名前のドメインです。例えば、私が住職をしている永福寺ですが、日本全国に同じ名前のお寺がたくさんあります。しかし、いまのところまだ eihukuji.net とか eihukuji.com とかのドメインは空いているようです。私自身、自分の寺のホームページは必要性をあまり感じないので取得申請をするつもりはありませんが、まだまだお寺のホームページに対する関心は発展途上なのでしょう。

ドメインを維持するには費用がかかります。通常は一年分先払いで支払うのですが、当方の場合2月が支払いで、ドメイン維持費用の他に典座ネット公開用サーバーのレンタル料、プロバイダーの料金先払いなど、回線使用料以外のインターネットに関する費用のほとんどが2月支払いになっているのです。まとめると5万円ほどに(!!)なり、冒頭に書いたように毎年この時期には頭が痛くなるのです。
ほえーネコ

「仏法をきちんと行じていれば、必要なお金は自然とついてくるものじゃ」と述べた高僧もおりますが、サイト運営に関する限りそう簡単にお金の工面はできないのが現実です。
つかれた顔
ということで余談が長くなりましたが、2月の契約更新を前に、現在当方のプロバイダーやらサーバーやらの契約内容をみなおしているところです。

特に、ブログに関して皆様から「料理の写真をもう少し大きく掲載できませんか」という意見をよくいただきます。実際に撮影している写真はもっと大きなサイズで写りも良いのですが、大きなまま掲載すると、ブログの容量制限にかかってしまい、すぐに満杯になってしまうので、なるべく小さく縮小して掲載しているのが現状です。もう少し大きな写真を掲載できるように、容量制限がもう少し大きなプロバイダーへの移行を検討しているところです。

お金さえかければ、容量無制限の契約もあるのですが、なかなかそうはいかないので、なるべく御希望に添えるよう努力致します。

もしプロバイダーを変更するとなると、ブログのアドレスも変更されますので、当ブログを「お気に入り」に登録して下さっている方は、念のため典座ネットの方のアドレスもお気に入りに登録しておいて下さい。(http://www.tenzo.net/)こちらのアドレスは変更の予定はありません。 また、ブログのアドレスが変わることが決まれば、2月中旬までにお知らせできると思います。お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。

なお、当面の間停止していたトラックバックですが、様子を見ながら受付可能にしてみますのでご了解下さい。アダルトサイトなどからの迷惑トラックバックも発生すると思いますが、無視してください。

広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする