精進料理おせち記事が掲載された2誌紹介

「こころと身体を養う精進料理」第6回連載が掲載された『大法輪』誌一月号が発売されております。


今回は一月号ということで精進おせち料理の紹介です。
毎回貴重な巻頭カラーページを割り当てていただいておりますが、今回特におせち料理の写真ということでいつも以上に苦労しました。そのかいあって、まあまあ華やかな感じが出せたように思います。
本文では精進料理を作る上で重要な要素、「五味五法五色」を題材とし、また一部の僧侶や精進料理研究家による「身土不二」という用語の誤用についても少々触れました。
ぜひご一読ください。

また、日本サプリメント株式会社に依頼を受け、購入者向けの小冊子「暮らしいきいき」に当方の精進料理インタビューと精進おせち料理のレシピが7ページの特集で紹介されました。
日本サプリメントでは健康維持に有用な各種サプリメントを販売しておりますが、今回は血糖値の管理に効果的な「豆鼓エキス粒タイプ」にちなんだ精進料理も紹介しています。
つまり豆鼓(トウチ)とは日本で言えば「大徳寺納豆」「寺納豆」のことですが、その食材を使った「寺納豆と揚げ生麩のおろしあえ」他、まもなくむかえるお正月にぜひ作りたい4種の精進料理がカラー写真・レシピ付で掲載されました。
興味がある方はフリーダイヤル0120-922-922にてご注文ください。

余談ですが、今回紹介した『大法輪』『暮らしいきいき』ともに精進おせち料理を紹介しましたが、この時期に間に合わせるために10月初旬から準備をはじめております。10月なんてまだ日中は半袖で庭掃除していた時期ですが、そのころからおせち料理のことを考えて鏡もちなぞをこしらえて写真を撮るというのも、出版広告業界ならではの隠れた苦労です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です